住宅ローン・信用についての情報サイトです。住宅ローン・信用について知らなくても、当HPを活用すれば詳しくなることが出来ます。

住宅ローン 信用

住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話


HOME



住宅ローンセンターとは


住宅ローン 信用

住宅ローンセンターとは、銀行のローン受付窓口から分かれた、より住宅ローンに特化したところです。
独立した店舗なので銀行とは別になっているといいます。
営業は平日の3時より遅くまでしていて、ローン説明会なども土日に開いているようです。
本来の目的は、不動産業者と銀行のやり取りをよりしやすくすることだったといいます。
より良い住宅ローンを組みたいという顧客に情報を与え、住宅ローンを組みやすくするための役割も今は果たしているようです。
住宅ローンについて詳しく聞きたい、納得のいくまで検討したいという人は、住宅ローンセンターを利用するといいでしょう。
住宅ローンセンターは、月初めに出す店頭金利の情報を少しだけ早く得ることができます。
さらに詳しく知ることが可能なのが、銀行が独自に行うキャンペーン金利がどんなものかということです。
主に住宅ローンセンターにいるスタッフは、住宅ローンだけの、通常の銀行の仕事の範囲では延長線上ではカバーしきれない専門的な知識を持っているそうです。
法律的な税金や契約関係の知識や、不動産取引の流れなど、さまざまな知識が住宅ローンを組む場合にはなければ困ります。
住宅を新たに購入する時だけには限りません。
リフォームや住み替え、ローンの借り換えに関する相談も住宅ローンセンターは受けつけています。

ローンで困った時に利用できる場所


住宅ローン 信用

ローンに関して何か困ったことが起きたら、国民生活センターを利用するという方法があります。
国民生活の安定や向上をしようとする独立行政法人が、国民生活センターです。
国民生活センターが行っているのは、市販商品のテスト、情報の収集や公開、消費生活についての相談の受付といったものです。
相談窓口として国民生活センターが設置しているのが、消費者ホットラインという電話です。
まずは電話をかけてローンについて相談したいけれど、消費者生活相談窓口がある場所がわからないという人は聞いてみるのがおすすめです。
近年では、ローンに関連した相談が増加しているようです。
住宅ローンの返済が苦しいという人や、連帯保証人となった家族の代わりに返済したいという人もいるでしょう。
現在ローンの契約を進行中でありながら内容に不満があるという人などもいて、国民生活センターの相談窓口をいろいろな理由で活用しているそうです。
困っている人の中には、闇金業者から高金利の融資を受けてしまったという方もいるようです。
状況がもっと悪化する前に対応することが不可欠なのがローンの悩みですが、つい1人で片付けようとしてしまいがちです。
素人では分からないことも多く、専門知識が必要となってきます。
ローンの利用中に困ったことがあったら、国民生活センターの相談窓口を利用することも選択肢に入れておくといいでしょう。

ローン審査での信用情報センターの役割


ローンの審査では、信用情報センターへの照会があります。
クレジットカードやショッピングクレジット、さまざまなローンの利用残高と、返済の履歴が、信用情報センターには記録されているといいます。
債務整理や返済の延滞などについても、一定期間の間は管理されています。
信用情報機関は3つの機関があるようで、平成21年8月に統廃合がされたようです。
指定信用情報機関間での情報交流されているので、業者が顧客全部の信用情報を照会できるといいます。
金融会社はローンの申込みがあると顧客についての信用情報を信用情報センターで確認します。
融資をしても大丈夫かどうかを判断するのです。
信用情報センターに登録されている情報になにか理由があることで、ローンの申込みをしたけれど審査を通過することができなかったという人もいるでしょう。
個人情報で信用情報センターに登録されているものを自分で見ることは、開示請求をすれば不可能ではありません。
今まで組んだローン利用履歴があるかどうか知りたい人場合には、自分で信用情報センターに開示請求をしてみるのがおすすめです。
今までよりもローン融資は、貸金業法が改正されたことで受けることが困難になっています。
ローンの申し込み前に、借り入れ履歴に問題はないか信用情報センターの情報を確認しておくのもいいかもしれません。




Copyright (c) 2018 住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話 All rights reserved.

▲TOP