住宅ローン・金利に関心があり、住宅ローン・金利のことをもっと学びたいと考えている方や、何をすれば良いのか悩んでいる人にお勧めの知識を説明します。

住宅ローン 金利

住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話


HOME



金融機関ごとに住宅ローンの金利を比較する


住宅ローン 金利

納得のいく住宅ローンを選ぶためには、各金融会社がどのような貸付条件で融資をしているかをよく比較することです。
住宅ローンにおける金利の種類は、大きく分けると変動金利と固定金利があります。
事前に両者の金利の性質について知っておくことが大事です。
変動金利と固定金利とでは特徴が全く違います。
一見すると、固定金利のほうが高金利に見えます。
同じような条件でのローンでも、変動金利のほうが低くなっているためです。
金融機関別の比較では、旧住宅金融公庫である住宅金融支援機構の固定金利が高くなっています。
比較的金利が安いところは後発の銀行やネット系銀行であり、財閥系の大手銀行がその中間あたりです。
何年返済を続けて、日本の経済情勢が変わったとしても、固定金利は変わらないという特徴があります。
金利が低い今は比較的有利な条件です。
変動金利は住宅金融支援機構にはなく、財閥系の大手銀行が比較的高く、新設銀行やネット系銀行の金利が低い傾向にあります。
住宅金融支援機構は、そもそも融資の枠組が違うため、他の金融機関と簡単に比較できるものではないことに注意しましょう。
変動金利は、返済の最中に金利が変わることがありますが、固定金利であれば最初の設定した金利どおりに返済ができます。
変動の場合のリスクは利用者が負い、固定の場合のリスクは金融機関が負うといった特徴があります。
固定金利にするか、変動金利にするか決める時には、現時点の金利を見るほかに、今後の金利がどのように変化していくのか、仮に変化した場合は返済に影響が出ないかなどが大事です。

住宅ローンの借り換えをする時の比較ポイント


住宅ローン 金利

最近は、住宅ローンの金利が下がっているために、ローン自体を借りかえる人がふえています。
通常のカードローンの借り換えでは、単純に金利が低いところに借り換えれば得をします。
住宅ローンでも、条件をきちんと吟味しない限り、単純に低金利なローンに変えればいいわけではありません。
ただ金利が低いくらいでは、借りかえ時に発生する手数料を吸収することができないのが、住宅ローンの注意点です。
事務手数料や、保証料がかかることも、住宅ローンの借りかえでは重視しなければいけません。
都市銀行や、メガバンクの住宅ローンを借りかえようとした場合、保証料がかなりの額請求されることになります。
ネットバンクへ住宅ローンの借りかえを行うという方法も考えられますが、その場合、保証料はともかく事務手数料が問題です。
保証料と事務手数料を合わせると、結局は都市銀行もネット銀行もあまり変わらない諸費用になることもあるようです。
より低金利の住宅ローンに借りかえることは大前提ですが、諸費用も試算に含めた上で、完済までに必要な費用をいくら減らすことができるかをしっかりと計算してください。
繰り上げ返済には手数料が必要な住宅ローンもあります。
今後、家計に余裕があれば前倒しで住宅ローンを返していきたいと考えている人は、繰り上げ返済時の手数料について調べておきましょう。
繰り上げ返済について理解することは、円滑な返済をするために必要なことといえます。
金利が低い状態で推移している今が住宅ローンのかりかえ時ですので、返済額について試算だけでもしてみるといいでしょう。

住宅ローンは金利以外に諸費用も比較すること


多くの人は、住宅ローンを組んで資金を得てから、自分の住む家を購入しています。
住宅ローンは何十年という年月をかけて返済をしていく、借入れ期間の長いローンである点が一番の特徴となっています。
住宅ローンを比較検討する場合、ほとんどの人は利息に関係してくる住宅ローンの金利に注意力が集中してしまいがちです。
住宅ローンは金利以外にも、発生する色々な費用がありますので、そういった部分についても知っておくことが重要になります。
住宅ローンでは、利息だけでなく、保証料や、事務手数料、生命保険特約についても考えなければいけません。
低金利の住宅ローンを選択したつもりが、手数料が軒並み高く、結果的に費用負担は高くなってしまうことがあります。
最終的な金額を比較したところ、金利は低くても、手数料をプラス高い住宅ローンだったということがあります。
実際にローンを契約した後で諸費用の高さに泣かされてしまうことも考えられます。
どこの住宅ローンに申込みをしようかと検討中の人は、金利の安さだけにとらわれないように注意しましょう。
各金融会社の住宅ローンを比較した上で、自分の求める条件に近く、費用負担が少ないところを選びたいものです。
他社の住宅ローンをしっかり見ないうちから、フィーリングや思いつきで住宅ローンを選ばないようにしましょう。
手数料も比較対象にしないと、最終的に支払わなければいけない金額が数百万円単位で変わることがりありすまので、思わぬ損をする可能性が出てきます。

銀行の住宅ローン金利の比較


住宅ローン組んで家を買うという人が大多数だと思いますが、どのようなことに注意して比較すれば有利な金利のローンを利用できるのでしょうか。
住宅ローンはさまざまなものがありますが、銀行で住宅ローンを組む人もかなり多いようです。
簡単に目に見える部分だけで判断して、銀行の住宅ローンを比較するのは正しいとはいえないでしょう。
金利の負担を実際にするときに損する場合があるのは、安易に店頭の標準金利や優遇金利で比較して決めてしまった時です。
比較して銀行の住宅ローンを決めるときに大事なのは、自分が金利優遇を受ける条件に当てはまっているかどうかです。
大事なのは、手数料や保証料も入ってその金利なのかということを考えて比較することです。
金利タイプは住宅ローンの場合、多種多様だといいます。
半年ごとに金利が変わる変動金利型、申込時のまま金利が変わらない固定金利型、一定の期間金利が変わらずその後で変動する固定金利選択型などです。
高い金利とはいえ、金利の変動によるリスクが抑えられるのが固定金利です。
低い金利でローンが組める変動金利ですが、金利変動によるリスクは大きくなります。
しっかりと金利変動リスクの対策がないと、家をのちのち失うこともあるかもしれません。
自分の将来設計や生活スタイル、返済がどの程度できるかによって住宅ローンの金利を比較し考えてみると良いのではなないでしょうか。




Copyright (c) 2018 住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話 All rights reserved.

▲TOP