太陽光発電ローンとは、わかっているようで、意外にも分からないこともたくさんあるのです。意外と知らない太陽光発電ローンについての知識をお届けしています。

太陽光発電ローン

住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話


HOME



太陽光発電ローンの融資


太陽光発電ローン

自宅に太陽光発電設備を取り付けるために、ローンを組みたいという人はふえています。
太陽の光から電気を作るための設備が、太陽光発電設備です。
太陽光発電設備でつくった電気は、家庭で消費する電力をまかなうばかりでなく、電力会社の買い取り契約が結べます。
しかし、太陽光発電設備を家につけるには、ある程度の資金が必要です。
太陽光発電ローンは、太陽光発電するために必要なお金を、金融機関から仮寝というものです。
ローンには審査が必要ですが、さほどきつくはありません。
太陽光発電ローンを受けるためには、団体信用生命保険に入っていることや、年収が150〜200万円以上は維持できる必要があります。
ローンの返済に問題を起こしたことがある人や、現時点で別のローンを利用しているひとなどは、融資が却下されることもあります。
この他、勤続年数が2年以上ないと、審査で難色を示されることもあると言われています。
勤続年数が少ない人は、年収が安定しているとは言えないとして、太陽光発電ローン以外でも審査は不利になるようです。
太陽光発電ローンでは、必ず全額返済するという強い意志を有していることが、審査の結果を左右するということもあるようです。
完済まで時間がかかるために、一定の年齢を超えていると、ローンを受けづらくなります。
賃貸住まいの人より、持ち家の人の方が審査には有利ですし、固定電話があるかも大事です。
仮に、借り入れ中のローンがあるなら、太陽光発電ローンの申し込みをする前に返済を終わらせておくと、ローンの審査をクリアしやすくなるようです。
太陽光発電ローンの貸付条件や、審査の厳しさは、金融会社によって差がありますので、そのあたりを確認してから融資の申込先を決めることです。

太陽光発電の利点


太陽光発電ローン

太陽光発電設備のためにローンの融資を受けるという方が、珍しくなくなってきています。
2つのカテゴリが、太陽光発電のローン会社には存在します。
太陽光発電設備をつけるために必要な資金を金融機関のソーラーローンで得るか、民間の金融機関を利用するかのどちらかです。
貸付条件は各金融会社によって違いますが、2.4%〜3.5%の範囲内での融資が受けられます。
自宅に太陽光発電設備を取り付けることで家庭の電力を供給でき、使い切れなかった分は電力会社に買い取ってもらえます。
太陽光発電は償却年数が早いという長所もあります。
国は自然エネルギーを推し進めるために、補助金を出しています。
太陽光発電の設備は、ローン融資を受けても、取り付ける価値があると考える人は多いのです。
けれども、もしも太陽光発電を利用したいのであれば、ある程度は自分で知識を持っておく必要があります。
太陽光発電の設備を扱う企業も多いですが、ある程度の知識を自分でも持っていなければ、取り付けやローンの手続きに不便が生じます。
太陽光発電のためには、その場所に日が当たる時間の長さを調べなければいけません。
場合によっては、屋根の角度を変えるなどして、調整をしなければいけなくなります。
納得のいくシミュレーションをしてから、太陽光発電を取り付けることが大事です。
太陽光発電の取り付け工事についても、ローンの組み方についても、業者の言葉に頷くだけではなく、自分で判断できるようになることです。
大きな金額が動く取り組みになりますので、太陽光発電の設備をつける時には、内容をよく検討しておくことです。
太陽光発電ローンを利用する時には、自宅に太陽光発電をつけることにメリットがあるかを十分検討することが大事です。

ソーラーローンとは


もしも太陽光発電を家に取り付けたい場合、初期費用分の資金がなければ、ソーラーローンが役立ちます。
ある程度のお金がなければ、太陽光発電設備はつけられません。
太陽光発電の費用を確保するために、ソーラーローンを利用するわけです。
太陽光発電で得た電力は、一部を家庭で使い、残りを電力会社に買い取ってもらうことができるため、その収入が返済に回せます。
ローンの返済を、軽減することも、やり方によってはできます。
銀行や信用金庫からの太陽光発電がよく知られていますが、太陽光発電メーカーや、信販会社のソーラーローンも使えます。
大抵は、長期プライムレートより1.5%多い程度という、いい金利条件での融資が受けられます。
担保がなくても融資が受けられるところが、ソーラーローンの魅力でもあります。
ソーラーローンの条件は、太陽光発電にプラスして、オール電化にする工事も含まれていることが少なくないようです。
風呂や台所など、オール電化の設備で暮らす人は、多くなっています。
ただ太陽光発電にするだけでなく、IHクッキングや、エコキュートがある家の方が、コストパフォーマンスは優れています。
けれども、太陽光発電メーカーや、住宅メーカーが勧めるソーラーローンを、そのまま受け入れていると損なことがあります。
仮に、太陽光発電のためにソーラーローンを利用するとしても、どこの金融会社から融資を受けるかは別途考慮しましょう。
ソーラーローンを扱う金融会社は、各社自社商品をアピールしますが、自分にとってどれがいいかは一概には言えません。
どこの金融会社のソーラーローンが最も使いやすいかは、家計の事情や、太陽光発電の将来的な見通しなども含めて、慎重に選びましょう。




Copyright (c) 2018 住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話 All rights reserved.

▲TOP