親子ローンについて解説するホームページです。親子ローンのことに関心のある人、さらに知りたい人などにおすすめのサイトです。

親子ローン

住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話


HOME



親子ローンとは


親子ローン

住宅ローンの返済を親子二代にわたってするタイプのローンが親子ローンです。
違いは各金融会社によってありますが、75〜80歳までに住宅ローンの返済をすることに決まっているようです。
長い期間の住宅ローンを50歳や60歳になってから組むのはできないといいます。
審査の段階でフラット35を利用したくても断られてしまうのは、50歳を過ぎている場合です。
親子ローンなら1人でローンを組むよりも融資条件をクリアしやすく、借入金額を増やしたり返済期間に余裕を持たせることも可能です。
25年〜35年の長期のローンを組むことが60歳以上の人でも、親子ローンにすればできるようになります。
このローンが便利なのは、二世帯住宅や、将来は親子で同居したいという人ではないでしょうか。
融資を親子で受け、一緒に返済することができるようになるので、金融会社の信用評価もかなり高くなるでしょう。
今一緒に住んでいるか、同居を将来予定している親と実子または養子が利用することができるのが、親子ローンです。
買おうとしている住宅は、親子が共有しているか、またはどちらかかが所有しており、親子や親子の家族が共に住むことが目的である場合となっています。
ほかにも親子どちらも安定した収入があることや、子が親の連帯債務者になることなどが条件です。
団体信用生命保険に親子の双方が加入するなど、いろいろと親子ローンは金融会社によって条件が異なるようです。

親子ローンの注意点


親子ローン

親子で引き継いで住宅ローンの返済を親子ローンでは行います。
いろいろと長所がある親子ローンですが、いろいろと注意点もこの融資方法にはあるそうです。
しっかりと親子で話し合って本当にそれでいいか、両方が理解した上で納得する必要が、親子ローンを使う場合にはあるといえるでしょう。
もし親子ローンを組んでいる時に、新たに家を子どもが購入しようとしても、住宅ローンを自分が組むことはできなくなります。
子どもは既に、親子ローンの連帯責任者になっているためです。
親と一緒に住むことを前提とした親子ローンを、未婚の子どもが結婚後の生活スタイルが決まっていないうちから組むのはちょっとおすすめできません。
遠隔地への赴任や将来的な転勤の可能性もあるのが子どもの立場です。
選択肢を将来的に狭めてしまうことが、住宅を購入することによってないようにしましょう。
親が住宅ローンを中心になって検討し、重要な決定に子どもが関わっていないこともあるのが、親子ローンの問題点です。
ローンをよく検討せずに組んだところ、それが後で重荷になることもあるかもしれません。
何らかの理由で親子間のトラブルが発生し、同居が難しくなることもあります。
いろいろと人生には、何が起きるかわからないことがあります。
親子ローンを組む時に不可欠なのは、しっかりと話をしてから決めることです。

親子ローンの種類


2種類の親子ローンがあり、親子リレーローンと、親子ペアローンに分かれます。
親が先に住宅ローンを返済し、子どもが途中から返済を引き継ぐのが、親子リレーローンの特徴だといえます。
同居を親子がするという前提で、子が親の連帯債務者になる必要が、親子リレーローンを組む場合にはあるようです。
子どもの収入も合算して、親の収入の範囲ならローン審査を受けることが可能なことが、親子リレーローンの利点です。
親だけ、子だけでローンを組む時よりも借入金を増やすことができますので、家族全員で新しい家に住むことが可能です。
人気があるのは、フラット35という住宅金融支援機構で取り扱っている親子リレー返済です。
さらに一緒の家を買う資金にするために親と子がそれぞれ融資を受けるのが、もう一つの親子ペアローンです。
親が子の、子が親の連帯債務者になるのが、親子ペアローンのきまりです。
単独債務者に親と子がそれぞれなって返済をするのが、リレーローンとは違うところです。
ふつうのローンより高額の借り入れが可能なのは、ペアローンの場合も、それぞれの収入によってローンを利用することができるからです。
親子の双方が、固定資産税の軽減をはかることができるという利点もあります。
どんな特徴があるかしっかり調べてから、親子ペアローンと親子リレーローン、どちらがいいかを決めるようにしたほうが良いでしょう。




Copyright (c) 2018 住宅ローンを考えている人のための仕組みのお話 All rights reserved.

▲TOP